独学で合格!ファイナンシャル・プランナー(FP)に挑戦!


スポンサー広告

スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 


2008年9月3級実技試験

2008年9月3級実技試験 【第5問】 相続・事業承継

2009.01.13  *Edit 

独学 3級FP技能士 合格講座 中野克彦 中島智美 藤崎仁
相続事業承継.gif

【第5問】

───────────────《設 例》───────────────

 Aさんは、将来の相続を心配しており、相続対対策として生前贈与を考えている。Aさんは、生前贈与にあたっては、暦年課税または相続時精算課税のいずれかを利用したいと考えており、ファイナンシャル・プランナーに相談することにした。
 なお、Aさんの親族関係図は、以下のとおりであり、養子CおよびDは、Aさんと妻Bが婚姻後に養子縁組をした普通養子である。また、Aさんの親族は、全員が日本国世紀でかつ、日本国内に住所を有し、財産はすべて日本国内にあるものとする。


200809_相続説.JPG
───────────────────────────────────



《問13》 仮に,現時点においてAさんに相続が発生した場合,Aさんの
    相続における「遺産に係る基礎控除額」は,次のうちどれか。

1) 7,000万円
2) 8,000万円
3) 9,000万円



《問14》 養子Cは,平成20年中に,Aさんから現金100万円と,祖母(A
    さんの実母G)から有価証券1,000万円(相続税評価額)の贈与を
    受けた。この場合,暦年課税により養子Cが支払うべき贈与税額は
    次のうちどれか。

1) 231万円
2) 271万円
3) 325万円



《問15》 相続時精算課税(住宅取得等資金および特定同族株式等の贈与を
    受けた場合の相続時精算課税に係る贈与税の特別控除の特例は除く)
    に関する次の文章の空欄ア~ウに入る語句または数値の組合せとして
    最も適切なものはどれか。

┌─────────────────────────────────┐
│贈与があった年の1月1日において65歳以上の親から20歳以上の子である│
│推定相続人に生前贈与が行われた場合,受贈者は,相続時精算課税の選択│
│をすることができる。本制度の適用を受けた場合,当該受贈者が当該親か│
│ら生前贈与により取得した財産の累積で最大( ア )万円までの金額につ│
│いては贈与税は課されず,( ア )万円を超える部分に対しては一律  │
│( イ )の税率により贈与税が課される。その後,贈与者の相続が発生し│
│たときには,生前贈与により取得した財産を( ウ )の価額で相続財産に│
│合算して相続税額を計算し,すでに納めた相続時精算課税に係る贈与税相│
│当額を控除することにより,贈与税・相続税を通じた納税を行うことにな│
│る。                               │
└─────────────────────────────────┘

1) ア 2,500 イ 20% ウ 贈与時
2) ア 2,500 イ 10% ウ 相続時
3) ア 3,000 イ 20% ウ 相続時


スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。