独学で合格!ファイナンシャル・プランナー(FP)に挑戦!


スポンサー広告

スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 


2008年9月3級学科試験

2008年9月3級学科試験 (1) ライフ「コンプライアンス」

2008.10.27  *Edit 

独学 3級FP技能士 合格講座 中野克彦 中島智美 藤崎仁
ライフプランニング.gif

(1) 弁護士資格を有しないファイナンシャル・プランナーが,顧客からの
  相談に応ずる場合は,一般的な法令などの説明を行うにとどめ,個別
  具体的な法律事務の取扱い等は,弁護士等の専門家に委ねなければな
  らない。




中野克彦
 解説者:中野 克彦

    (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




(1) 正解:○ 【コンプライアンス(弁護士法)】


顧客の損害の有無に関わらず、法律問題に関しては、法律の専門家である弁護士以外の者が業としておこなってはいけません。

【過去の出題】
2008年5月3級学科試験 (2) 「保険業法」
2008年1月3級学科試験 (4) 「弁護士法」
2007年9月3級学科試験 (31) 「税理士法」
2007年5月3級学科試験 (1) 「保険業法」
2007年5月3級学科試験 (2) 「民法」
2007年1月3級学科試験 (31) 「税理士法」
2006年9月3級学科試験 (2) 「税理士法」


コンプライアンスとは「法令遵守」のことで、簡単に説明すると、法律を守りましょうという意味です。FPの業務と関連性の深い法律は、税理士法をはじめ、弁護士法、保険業法、金融商品取引法などがあります。

弁護士資格をもたないファイナンシャル・プランナー(FP)が具体的な法律相談や、そのための事務手続きを行うと、弁護士法に抵触するおそれがあります。

例えば遺言状や遺産分割に関する相談を受けた場合、具体的にかつ的確に回答するためには、微妙な法律解釈がひつようであり、弁護士に任せる必要があります。


コンプライアンスに関する問題は、毎回出題されています。弁護士法の他、税理士法についても、正確に理解しておく必要があります。



────── COPYRIGHT (C) 2008 Katasuhiko Nakano All Rights Reserved. ──────
スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。