独学で合格!ファイナンシャル・プランナー(FP)に挑戦!


スポンサー広告

スポンサーサイト

--.--.--  *Edit 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



*Edit TB(-) | CO(-) 


2008年9月3級学科試験

2008年9月3級学科試験 (5) ライフ「確定拠出年金(企業型の運用)」

2008.10.31  *Edit 

独学 3級FP技能士 合格講座 中野克彦 中島智美 藤崎仁
ライフプランニング.gif

(5) 確定拠出年金の企業型年金は,事業主(企業)が掛金を拠出し,事業主
  (企業)が運用の方法を選ぶ制度であるため,加入者(従業員)各自が
  運用方法を選ぶことはできない。




中野克彦
 解説者:中野 克彦

    (経営コンサルタント、CFP(R)、1級FP技能士)




(5) 正解:× 【確定拠出年金(企業型の運用)】


×:事業主が運用の方法を選ぶ → ○:従業員が運用の方法を選ぶ

【過去の出題】
2008年1月3級学科試験(3)ライフ「確定拠出年金(企業型)の掛金の支払」
2007年9月3級学科試験(35)ライフ「確定拠出年金(企業型)の加入対象者」
2007年5月3級学科試験(33)ライフ「確定拠出年金(企業型)の掛金の支払」
2007年1月3級学科試験 (34) ライフ「確定拠出年金(個人型)の加入対象者」


公的年金である国民年金を1階部分、厚生年金を2階部分といいますが、企業年金である確定拠出年金は3階部分にあたるものです。


企業年金には下記のように確定給付型と確定拠出型の2種類があります。

         ┌─────┐
        ┌┤確定給付型│将来の給付額があらかじめ決まっている年金
 ┌────┐ │└─────┘
 │企業年金├─┤
 └────┘ │┌─────┐
        └┤確定拠出型│拠出する掛金があらかじめ決まっている年金
         └─────┘

確定拠出型である確定拠出年金は、「個人型」と「企業型」の2つのタイプに分かれています。各タイプにより、加入対象者が異なります。

      <加入対象者>
     ┌───┬────────────────────┐
     │   │国民年金の第1号被保険者(自営業者等) │
     │個人型├────────────────────┤
     │   │確定給付型の企業年金も企業型確定拠出年金│
     │   │も実施していない従業員(60歳未満)   │
     ├───┼────────────────────┤
     │企業型│国民年金の第2号被保険者(公務員を除く)│
     └───┴────────────────────┘

なお、サラリーマンの妻である第3号被保険者公務員は、確定拠出年金に加入することはできません。



────── COPYRIGHT (C) 2008 Katasuhiko Nakano All Rights Reserved. ──────

スポンサーサイト



*Edit TB(0) | CO(0)

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

~ Trackback ~

トラックバックURL


⇒ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 ◆Home  ◆Novel List  ◆All  ◆通常ブログ画面  ▲PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。